獣医師インタビュー

埇田 聖也(山口大学出身)

入社の経緯を教えてください

地元が奈良県ということもあって、関西圏で就職先を検討していました。この病院を自分で調べて来させていただいた時に、まず第一に自分の中で先輩が多い病院、獣医師の先輩にたくさん質問ができる環境というのが、学生の時の憧れでもあったので、この病院ではそれがぴったりだと思いました。見学をさせてもらった時に、(スタッフの)皆さんが仕事で疲れてヘトヘトになっているはずなのに、その後に笑いが耐えないと言いますか、明るい雰囲気で、「ここしかないな」と思い、その時に正直就職を決めていました。細かいところで言わせていただくと、私自身、臨床の研究室で勉強をしていたというところと、眼科を卒業論文で選択して行っていた時に、有名な先生も当院では月に1回来ていただいておりますし、エキゾチックにも興味があって、色々な分野に当院は手を出していると言いますか、診せていただいているという環境があったので、「ここしかないな」と素直に思いました。

教育制度・環境について

まず第一に当院のスタンスとして、オープンな環境での診察をさせていただいており、先輩獣医師の診察、院長・副院長の診察を同時に診せてもらいながら、最初は勉強をさせていただく、いざ自分が診察に出させていただくと、今度は逆に院長・副院長、先輩獣医師に常に(診療を)見られる環境、そこである程度、もちろん自信が無かったら、バレてしまいますし、ある程度自信を持てた時は、堂々と院長の顔も見れると言いますか、そういう意味で隠せない環境、これが成長できる1番の要因ではないかなと、私自身思っています。当院はセミナーなど、基本的には「これに行きたい」というのがあれば、院長にお願いして行かせていただける環境であって、私自身もエキゾチックアニマルに昔から興味を持っていたので、そういったところを院長に「行って来なよ」と言っていただいて、しっかりと勉強をさせていただく貴重な経験ができたので、勉強・教育に対しては、本当に寛大な病院だと思っています。

見学・実習について

当院に見学・実習に来ていただいたら、基本的には朝一番から診察を一緒に見てもらう、その時に個人の方に付くというよりは、当院のオープンな環境を利用して、色々な先生のお話を直に聞いてもらう、それが当院のメリットだと思っています。学生さんに関しては、お昼の時間も私たちと一緒に手術を見学もしくは体験ということをさせてもらっていて、本当に丸一日、私たちと同じ行動を取ってもらっています。診察が終わると、みんなでご飯に、院長が連れて行ってくださるので、そこでさらに聞きたいことなど、深掘りしてもらえたらと思います。本当に喋りやすい環境だと思いますので、見学・実習のご参加をお待ちしています。